新作『C.U ニトロニィル』詳細9&お知らせ3
フォロワー以上限定
けいです。

例の件……神奈川が東京と併せて未だ拡大中ですね……。
特に神奈川東部は通勤経路を見ても東京とほぼ同一エリア扱いの為、併せて逼迫した状況となっております。
早く落ち着いてくれる事を願うばかりですが、一体いつになる事やら……。
皆様もどうかくれぐれもご自愛を。

御心配頂いた方々、有難う御座いました。
相変わらず周囲からチラホラと不穏な話も聞こえてきますが、わたしは無事息災です。
その代わり……ではないですが、少々肩を痛めてしまいまして、今はそちらの方が深刻かも?な状況です。
未だ「半在宅勤務」中ですが、ほぼ一日中座りっぱなし&PC操作の仕事なものでこれが結構堪えます……。

さて、制作の件ですが発売が遅れ申し訳ありません。
7月上旬を目標に掲げて進めて来ましたが間に合いませんでした。
毎度の事ながら、作業が遅れがちになり申し訳ありません。
また、記事の更新の頻度も低い為、お待ち頂いている皆さんにヤキモキさせてしまっている件も承知しております。
併せて申し訳ありませんでした。

現在作者によるテストプレイ中であり、この後第三者テストプレイを経て完成の流れになります。

さて、通しプレイをしていて感じる事がひとつあります。
以前プレイ時間は前々作「ナナハよ。」程度を予定していると申しましたが、多分それよりも長くなってしまうかな……と。
如何せん自己プレイですので正確なプレイ時間は把握しかねていますが、恐らく若干長尺になっているかなと感じます。

また、制作が終盤に近付くと毎度思うのですが、内容に関して反省点も多く見えて来ました。それも含め、次回以降に活かして行きたいと考えております。

以下、内容紹介となります。


7231.png
イベントシーンよりヒロイン、ニトロリーヌです。
どんな時でも相手に弱みを見せない気丈な少女です。

7232.png
イベントシーンよりヒロイン、ミローラ、オーロラ母娘です。
ビフロ症処置棟の存在は、彼女達にも暗い影を落とします。

7233.png
地方集落に住む女性、コキューズ。兄と年の離れた弟がそれぞれ一人ずついます。
とある事件をキッカケに、主人公を目の敵にする様になりますが……。

7234.png
コキューズの兄カル。
妹と弟を軍やノナソミィ種の恐怖から守ろうと立ち回りますが、その重圧から心の余裕が失くなりつつある様です。

7235.png
主人公の母、サナ。
夫(主人公の父親)を事故で亡くし、女手一つで主人公を育てていました。
とある事件をキッカケに心身を病み、現在は街の治療院で共に療養生活を送っています。

7236.png
主人公の属する軍の警務兵サヌパ。
柔らかい物腰とは裏腹に、その胸の内には黒い感情を蓄えています。
通常任務の他、ビフロ症処置棟にて女性達に『処置』を施す担当官も務めています。

7237.png
サヌパの弟シェヌーパ。
兄と同じく、ビフロ症処置棟にて担当官も務めています。
兄サヌパを信奉し、常に彼に付き従っています。幼さの中に凶暴さを垣間見せる危険な人物でもあります。



再度になりますが、発売が遅れ申し訳ありません。
完成次第、再度ご報告致します。

それでは。

スポンサーサイト



新作『C.U ニトロニィル』詳細8&お知らせ2
けいです。

最近漸く身辺も落ち着き始め、制作を再開しております。
とは言えまだまだ快適とは程遠い制作環境の為、色々と苦労が絶えません……。

一応私室での制作活動ではあるものの「部屋のドアは絶えず開放しておく」と言う謎の(?)暗黙のルールがあり、これが中々に厳しいのです……。

わたしの住んでいる神奈川では近隣の病院でも院内感染が発生し、まだまだ予断を許さないと言った状況が続いております。
皆様もどうか引き続きご自愛下さいませ。


また、お問い合わせの多かった発表時期については7月上旬とさせて下さい。
次回更新は完成報告となる様、進めて参ります。

コツコツと進めておりましたCG修正については何とか8〜9割は終了し、引き続き本人テストプレイに移る段階まで来ております。

この為残作業としては「CG修正残り・本人テストプレイ・第三者テストプレイ及びバグ修正」となります。
分岐等の骨組みについては前作「涙声のギニヨル」に近い構図ですので致命的なバグは少ないと信じたいですが……。

尚、CGについては基本枚数約170枚程度になっております。
差分については膨大な為、現状把握しておりません……。

詳細な枚数については発表時に多少前後するとは思いますが、大体その辺りと解釈して頂いて問題ありません。
こちらは前々作「ナナハよ。」と同程度と言った感じでしょうか。
どんなに多くても150枚程度での完成を目指しておりましたが、結局いつもの様に多目の着地となってしまいました
やはり上記CG修正作業の大変さもこの枚数がネックになっている感は正直否めません……。
しかし少なく仕上げれば雰囲気も伝わらないし……と、毎度の悩みどころでもあります。

以下、シーン紹介となります。
※PC上の問題により縮尺が少し上手くいきませんでしたがご容赦を。


0524a2.png

0524a1.png

ヒロイン、主人公マナの恋人ニトロリーヌです。
記憶を巡る謎の変調が日に日に彼女の身体を蝕んでいきます。
ゆっくりと、しかし確実に自身に近付く不安と恐怖に彼女は耐えられるのでしょうか。
そしてマナは彼女を信じ、支え、共に歩んでゆく事が出来るのでしょうか。


0524b2.png

0524b1.png

もう1人のヒロイン、ミローラです。
マナ達の暮らすマドロ特区に蔓延する奇病ビフロ症と戦う芯の強い女性です。
夫をとある事故で失い、一人娘のオーロラと共にひっそりと暮らしています。
母親としての自分、そして女としての自分……彼女のマナに対するその想いや如何に。

0524c2.png

0524c1.png

更にもう1人のヒロイン、オーロラです。
母であるミローラを支え、共に生きる少女です。
思った事を直ぐに口にしてしまう性格ですが、それは彼女の物事に対する真摯さ故。
その小さな身体に背負う大きな恋。その片恋が愛する人に届く日は訪れるのでしょうか。


毎度の事ながら、手の遅い私の作品をお待ち頂き有難う御座います。
次回は必ず良いご報告をさせて頂ける様、頑張ります。

それでは。

新作『C.U ニトロニィル』詳細7&お知らせ
けいです。

昨今世間を騒がせている件につきまして安否のご連絡を頂いた方々、ご心配をお掛け致しました。
上記の件にて、先日ついに業務上の近しい存在に罹患者が発生してしまいました。
幸いにしてわたし自身は無事ですが、いよいよ他人事などではなくなって来た感が増して来ました。

それに付随して近頃リアル事情が大きく変わり、3月頃よりなかなか思う様に制作活動の時間が取れておりません。
その為、大変申し訳ありませんが、発表時期を少々延期とさせて頂きます。
延期の発表が遅くなり申し訳ありません。

詳細な時期につきましては次回更新にてお知らせ致します。
また、その際には総CG枚数やその他最終的な仕様等をお伝え出来るかと思います。

楽しみにお待ち頂いた皆様、本当に申し訳ありません。
(代わりに……と言う訳ではありませんがそっち系のイベントシーンは頑張って制作しておりますので、少しはご期待に添えられるものと思っております……)

残作業としてはCG修正及びテストプレイを残すのみとなっておりますが、この残された二つが諸事情により中々今は作業し辛いと申しますか……。



0413a.png
ヒロイン、ニトロリーヌと主人公が敵対する反政府組織の首領ザムスィーです。
何やら只ならぬ雰囲気を漂わせております……。

0413b.png

0413c.png
同じくヒロイン、ミローラ・オーロラ母娘です。
謎の奇病ビフロ症の『処置』は閉鎖都市に暮らす女性達にとっては辛い現実との戦いでもあります。

ストーリー展開的に「謎の奇病、閉鎖、隔離」とタイミング的になかなかに縁起の悪い作品になってしまいましたが、それとこれとは別問題と割り切って制作を進めて参ります。
正直申し上げてネタがネタだけに、中々「テンションを上げて」と言う訳には参りませんが……。

皆様もどうかお気を付けてお過ごし下さい。

それでは。


新作『C.U ニトロニィル』詳細6
けいです。

皆様如何お過ごしでしょうか。
例の件で全国どこも大変とは思いますが、わたしの暮らす神奈川も公共交通機関内での感染が確認される等、戦々恐々として参りました……。
つい先日も業務上よく利用する横浜市内の駅で一悶着騒あったばかりですし、何というか着々と近付いて来てるなぁと言う印象です。
皆様もどうぞお身体には何卒お気を付けてお過ごし下さいませ。

さて、制作の方ですが気が付けば3月、2月にはいけるかなと思ってましたが申し訳ありません。着々と進行させておりますので、もう暫しお待ち下さい。

現在はcgの最終修正等の作業を行なっております。完成前に毎度味わってはいるのですが、如何せん制作スパンが長くなってしまう関係上、初期に描いたものと大分テイストが変わってしまうといいますか……その為、描き直しやある程度の統一感を持たせていると言った感じです。
結果、総CG数も想定より増えてしまいそうですが……。

また、前作『涙声のギニヨル』よりも話の尺が長い都合上、数的には多くなってしまいましたが、「敵キャラCG」が漸く全て完成致しました。
この作業、楽しいは楽しいのでいつもは割と初期に済ませてしまうのですが、今回は敢えて優先度を低くして作業をしていました。
結果としては先にやっても後回しにしても、作品全体の進捗とはほぼ関係ない様な気がして来ましたが……。




「C.Uニトロニィル」よりヒロイン、ニトロリーヌです。
何かしらの素材用に使う為に描いたのですが、恐らく全身をお披露目する機会は無いと思いましたので、こちらで掲載致しました。




それにしても件のウィルス騒ぎは一刻早く終息して欲しいものです。
無論何ら関係はありませんが、今作の設定上「新型の奇病によって隔離、閉鎖」などと書いていると、正直「う~ん……」となってしまう感じさえして参りました。

重ね重ね皆様も健康には十分ご留意下さいませ。

それでは。



遅ればせながら新年のご挨拶&その他
けいです。

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お陰様で何とか年末年始の業務を乗り越え、制作を再開しております。

また、DLサイト様が運営されている「Ci-en」様にてフォロワー様の数が5000名様を突破しておりました。
https://ci-en.dlsite.com/creator/1115

更新もあまり出来ていない中登録して頂き、本当に有難うございます。
今年はこのCi-en様周りのコンテンツをもう少し拡充していければと思っておりますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

※こちらのブログのみ閲覧されている方がいらっしゃれば、お手数ですが是非上記にもご登録頂ければと思います。
と申しますのも、当ブログと上記「Ci-en」様の2つを更新するのは若干手間なもので、何れどちらかに一本化しようかと考えている為です……。


さて、新作『CU.ニトロニィル』の件ですが、メインシナリオはほぼ完成し、現在はサブイベント及びサブシナリオを仕上げている最中となります。

以下、お知らせ&シーン紹介です。

■仕様について
以前申し上げた様に今回は一部長尺のイベントシーンに於いて、主人公視点・当該イベントのヒロイン視点の選択をする「なんちゃって視点変更」を設定する事で興味の無いヒロインのイベントシーンを遠慮なく(?)スキップして頂ける様になっております。

とは言え全てのイベントシーンに適用される訳ではありません。
また、スキップしたシーンは回想ルームにて後程閲覧する事も可能です。

本音を申し上げればどのシーンもノースキップで見て頂きたいところではありますが、如何せん一部イベントシーンが長尺過ぎて……。
ま、まあこの辺りはわたしの過去作品をプレイ頂いた方なら既にご存知かもしれませんが……。
勿論シーンによってはもう少し短めにと言うのを心掛けなくは無いのですが、やはり色々な情報を詰め込もうとするとどうしても長くなってしまうのです……。

■進行ルートについて
大きく分けて2通りとなります。
ルートついては中盤に於ける、とある選択によって分岐する事となりますが、物語全体で見た場合の攻略ヒロインのルートとしては「ニトロリーヌルート」と「ミローラ・オーロラルート」の2種が存在します。
未プレイの方には恐縮ですが、構成については前作「涙声のギニヨル」に近いイメージかも知れません。



ヒロインの一人。
主人公の暮らす街で小さな診療所を営む女性ミローラです。
主人公の生業である特務兵、ひいては軍そのものに対し大きな不信と嫌悪を示します。
当然主人公自身にもその矛先は向く事になりますが、果たして……?

0115b.png
ヒロインの一人。
ミローラの一人娘オーロラです。
母ミローラと同じく主人公と街を管理する軍や兵士達に対し、嫌悪感を持っています。
直情的で口が悪い部分もありますが、根は素直な少女です。

以前お伝えした通り11月後半~12月は殆ど作業が出来なかった為、その作業分の遅れを取り戻すべく、気合入れて進めております。
今後も進捗在り次第、再度お伝えさせて頂きます。

それでは。